都内新築物件の価格相場はいくら?

東京都内の物件価格相場

東京都内の新築物件

東京はオリンピック・パラリンピックも控え、都市の開発が急速に進んで、街も大きく変わってきております。
そんななか、居住物件の新築も加速化しており、特に交通手段の延長などもあってどちらかというと一戸建てよりも分譲マンションを中心に開発が進んでおります。
これを機に新居を新築物件で東京都内でお考えのかたも急増していると聞きます。
さて、都市の開発が進むと物件の価格が上昇する傾向になります。
特に交通機関沿線や、23区内は上昇の傾向が強いと思います。
となると気になるのが予算の選定だと思います。
ここで一番重要なのは新築物件の価格相場が非常に気になる問題として浮上してきます。
東京では23区の区別でも価格が大きく異なり、平均価格というのは非常に難しいかと思います。
また交通機関の近辺なのか、そうでないかも価格に大きく影響します。
駅周辺は価格が高く、離れるにつれ安めの傾向が見られます。
また建材の材料、住宅の間取り、マンションなどは階層も価格に大きく影響します。

こういった点を踏まえる東京都内の新築物件の価格相場は色々な条件で大きく変わるようですが、だいたいのラインというのはある程度予測できるものと思います。
特に新築は中古物件とは大きく異なるので、価格のラインというのはある程度決まった価格帯になってくるのではないかと感じます。

このサイトでは、東京都新築物件の価格相場について、掘り下げて考えてみたいと思います。

おすすめリンク

千葉の激安分譲住宅

分譲住宅がこの価格で?今千葉がもっともアツイ理由を探る!エリアごとの相場と都心との比較